家庭教師のアルバイトを希望する大学生・社会人とご家庭を直接結ぶ 個人契約の家庭教師マッチング「アットチューター」

  アットチューターTOP >>  中学生の家庭教師

中学生の家庭教師

鉛筆 中学生の学習方法

中学生になると小学生の時と違い勉強の難易度が高くなります。
また、部活などで忙しい生活になり、一度学校の授業がわからなくなり取り残されてしまうと、 後から追いつこうとするのはなかなか大変です。
ほとんどの中学生は高校へ進学することになりますので、 受験に向けた勉強を早いタイミングから行っていく必要があります。
ただ、だからといって特別な勉強をする必要があるわけではなく、とにかく 毎日の学校の授業内容を確実に理解するのが最も大切です。


小学生の時とかわらないのは、毎日家で学習をする、という習慣を 身につけなければいけないということです。


家庭教師を有効に活用して 3年生になって受験が近くなってから慌てるのではなく、1年生のうちから事前に受験に目標をおいたスケジュールを組んでいくのが理想的です。


クエスション 塾に行っているのだが、なかなか成果が出ない。



塾に行っているが成果がないといった話をよく聞きますが このパターンで多いのは学校の授業を理解しないまま、さらに難易度の高い 進学塾の授業を受けている場合です。
2年生の学習内容というのは基本的には1年生の時の 内容を理解していなければわからないのと同じく、基礎が 疎かな状態では応用問題にいくら取り組んでも時間の無駄です。
学校のテストに限定した場合、テストに出題されるのは授業で 教わった範囲に限定されます。
塾で成果が出ないお子さんはまず、何がわからないのかの棚卸から始めましょう。
複数人の生徒に対して同じスピードで進んでいく進学塾は学校の勉強を十分に理解している 段階の生徒が受けるべき内容です。


クエスション テストや受験前の追い込みに家庭教師は有効?


家庭教師を利用した学習法として多いのは週に1回、2回といった回数を決めた上で 家庭学習の習慣をつけるような方法ですが、もちろん普段は自分一人で勉強を進め、 テストや受験などの前に集中して家庭教師をつける、というのも効果的です。
その子の状態にあわせて自由にカリキュラムを組めるのも塾にはない家庭教師のメリットの一つです。

家庭教師から中学生への学習アドバイス

小学生のうちから学習習慣を身に着けておく必要があります。
学校から出された宿題をこなすのはもちろんですが、自分でも教科書を読んだりして毎日復習をすることができるようになるといいですね。
国語の教科書などは音読をするとさらに効果が上がりますね。
学校の宿題の他に毎日漢字百字練習と家庭学習ノート1ページを続けていくと力がつきます。
のーまん(琉球大学大学院)
学校で先生の話がよくわからないと、授業を聞いていてもつまらないですよね。そんなときは予習中心で勉強してみましょう! 次の授業で学習する内容について教科書を1回通して読んでおくだけでも、次の授業がとてもわかりやすくなります。授業がわかると勉強も楽しいと感じますよ。(^^)
予習する内容は知らないことだらけなので、知っている人と一緒にやると効果的ですね。家庭教師の活用方法の1つです。
ゆきなお(新潟大学大学院)
まずは自分の周りをキレイに保つ事から始めましょう。
お母さん、お父さん、お爺さん、お婆さんの自分の出来る範囲でお手伝いをしましょう。

コウ(職業能力開発大学校)