家庭教師のアルバイトを希望する大学生・社会人とご家庭を直接結ぶ 個人契約の家庭教師マッチング「アットチューター」

  アットチューターTOP >>  高校生の家庭教師

高校生の家庭教師

鉛筆 高校生の学習方法

中学に比べ学習量が多くなり、質も難しくなってくるのが高校生。 中学の時とは違って、理系と文系という概念が出てきます。


高校生に上がった段階から、お子さまは未来の目標を本格的に探し始めます。 将来どんな仕事をしたいのがによって志望する大学も異なってきます。 大学入試のシステムは複雑化し、理解するだけでも手間なのに、近年大学入試の形態は多様化し、お子さまだけで将来のベクトルを決めるのにはプレッシャーや不安を多く感じてしまいます。


小中学生のときと違ってちょっと勉強を見てあげようと思っても、内容も専門的になり、 なかなか、家庭内で解決するのも難しい内容になってきます。
高校生とって家庭教師は大学入試という目標達成のための協力なパートナーであり、良きアドバイザーに成りえます。

家庭教師から高校生への学習アドバイス

中学まではなんとなく授業聞いてるだけでもいくらか内容が頭に入ったりするものですが、高校の勉強は難しい上に量も多くなるので授業聞いてる・・
たくじ(山梨大学)
高校は授業のスピードや難易度が高くなるので、出遅れてしまう、その遅れを取り戻せないなどといった状況になってしまうことがあります。生徒・・
たける(群馬大学)
学校によってはかなり拘束時間が長かったり、部活が忙しかったりすると思いますが、毎日20分でもその日の復習など最低限の勉強を続けていく・・
H.Snoopy(東京大学)